春むくみに漢方蒸し、オススメ!

皆様こんにちは。段々と暖かくなり、お出かけ日和が続いておりますがお身体の調子はいかがでしょうか。

4月はアーユルヴェーダではカパと共にヴァータが乱れやすくなり、イライラやだるさ、自律神経の乱れ、冷えからくるお身体の不調がでてきます。特にむくみが気になる時期でもあります。

むくみは血管の外側の細胞間に余分な水分が溜まった状態を指します。春の寒暖差の激しさにより、自律神経が乱れを引き起こし、血流が滞ってむくんでしまうのです。そして私たちの身体は雨やくもりなど気圧が下がる日にだるさ・倦怠感・むくみをより感じやすくなります。湯銭に浸かって余分な水分を流したり、塩分が多い食事はなるべく控えましょう。

また。夕星でお身体のケアはいかかでしょうか。トリートメントでお身体をほぐし、漢方蒸しでより発汗させるコースがおススメです。ぜひ、お試しくださいませ(*´ω`*)